スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WoWのTCGやってみた

先週くらいに出たらしい日本語版のWoW TCG。
ホビーステーションなんば店に売ってたのでちょっとだけ買って来ました。

wow20111125_02.jpg

スターターは980円、ブースターは320円でした。
スターターが意外に安い。ブースターはAmazonでBOX買いしたほうが安いかな?
でも結構売れているのか、もう在庫があまりありませんでした。

TCGは、元々MtGを結構やってましてWoW TCGにも興味があったのです。
主にリバイズドからMoMaあたりまでですが今でもたまに購入しては友人達とドラフトで遊んだりしています。
WoWのプレイより遙かに長い期間遊んでたりします。

さて、ブースターは19枚+トークンカードの計20枚。
内訳はコモン13枚、アンコ4枚、レア/エピック1枚、ヒーロー1枚、クラフティング1枚。
ただし、上記の代わりに稀にルートカードが入っているらしい。

で、1個目のブースターでいきなりルートカードが入ってました。
案外出やすいんでしょうか。
wow20111125_04.jpg
ルートカードは英語版のままでした。
金色の部分をコインでこするとシリアル番号が書かれてます。

このカードはコンパニオンでした。マウントくれー!!
このブロックにどんなルートカードがあるのか全然知らないけど・・


ゲームのルールはMtGにそっくり。土地の代わりにクエストカードがあって、さらにどんなカードでも裏向けて出せば土地になるという感じ。
あとはクリーチャーに与えたダメージはターン終了後も蓄積したままとか、戦闘は攻撃側が誰を攻撃するか決められるとかがちょっと違うくらい。

ざっくりとしたルールは電撃オンラインの記事がわかりやすいかも。

ただ、スターターパックには一応ルールブックが入ってるとはいえ、超基本的な流れしか書かれてないのでMtGとかやったことがない人には難しいかも。
インスタントなんかはスタックされて解決されていくって言っても普通の人はたぶんわからないですよね。

まあガチで大会に出るならともかく、細かいことは気にしなくても遊べると思います。
来週あたり友人たちを招集してもう少しプレイしてみます。


今回買った中で、個人的なお気に入りカード
wow20111125_03.jpg

おおおおおAlexstrasza the Life-Binder!!!!
光が反射してうまく映らずw

でもかっこいいなー!"命を繋ぐ者"かーー
和名だと厨二ぽくてかっこいいじゃないのw

つい先日、Twilight HighlandsのクエストでAlexstraszaとDeathwingの戦いを見たばかりなのでついテンション上がってしまいました。

あと日本語になっているので、WoWプレイヤーとしてはスキル名やキャラ名がどう和訳されているかを見るのもおもしろいです。
"Adrenaline Rush"は"アドレナリン分泌"でしたw

フレーバーテキストは思わずニヤリとするセリフなどが書かれていておもしろいです。


※余談 loot cardのアイテム受け取り方法
公式サイトで、どのサーバでもらうか選択して、loot cardに書かれているコードを入力する。
すると、指定したサーバで使用可能なコードが表示されるので、メモするなり覚えておく。

次に、アイテムを受け取りたいキャラでゲームにログインしてBooty Bayへ移動。
Landro Longshotに話しかける。
エキスパンションがずらりと表示されるので、交換対象アイテムのエキスパンションを選択。
交換アイテムの一覧が表示されるのでアイテムを選択。
コード入力を要求されるので、さきほど公式サイトに表示されたコードを入力。
アイテムが直接バッグに入る。

という流れでした。

コード入力

theme : World of Warcraft
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

Google Ad
検索
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
!-- google_ad_section_end -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。