スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 1巻 アインクラッド (電撃文庫) 感想



クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する―。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずにログインした約一万人のユーザーと共に、その苛酷なデスバトルは幕を開けた。SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティーを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことに。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし―。個人サイト上で閲覧数650万PVオーバーを記録した伝説の小説が登場。



実は読んだのは相当前なのですが感想を書いてなかったので。
ネタバレは含んでいません。

おもしろかった。

MMORPGが好きな人にはおすすめできます。
一応1巻だけでも物語はきっちり完結するので読みやすいと思います。

近未来の架空のMMORPG「ソードアートオンライン」が舞台になっており、ゲーム内での死亡はそのままリアルのプレイヤーの死につながり、生きてログアウトするにはクリアするしかない、というデス・ゲームがストーリーの根幹になっています。


ログアウトできない未帰還者の設定は.hackなどにも見られ、それほど珍しいものでもないのですが、MMORPGの設定や描写が非常にリアリティがあるというか、MMORPG経験者にとっては「あるあるネタ」の宝庫のようになっていて楽しめます。

作者自身、元々UOのプレイヤーだったそうで、世界観の設定でUOをベースにしたと思われる箇所がいくつもあり、UO経験者にとっては思わずニヤリとしてしまいます。
GMがフード付きローブを着て出てきたり、FPKがあったり、スキル構成がUOそっくりだったり、jailがあったり、ガード圏があったり、敵が「Fなら殺す」みたいなセリフを吐いたり。

「レアスキル」の設定は非常に新鮮でおもしろいですね。ぜひとも現代のMMORPGにも取り入れてもらいたいです。

ストーリーはデス・ゲームということもあり重い部分が多いですね。
常に死と隣り合わせで、プレイヤーの死に何度も遭遇するので非常に緊張感があります。
黒幕やラストは結構ベタで、比較的容易に想像できるのは仕方ないかな。


残念に感じたのは、2点。
1点目は主人公が厨二すぎるところ。
まず装備が全身黒で二刀流。
そして、基本的に俺TUEEE設定になっており、「敵はかなり強かったが俺の強さはそのさらに上を行っていた」みたいな戦闘が非常に多いです。

それから、もうひとつはヒロイン。唐突に主人公に惚れてちょっと置いてかれた感がありました。
好きになる理由もパッとせず、あまり掘り下げもなく、なぜ主人公とくっついたのかよくわかりません。
(2巻で若干掘り下げられますが)

ちなみに、2巻はこのアインクラッドの外伝的な内容なのですが、僕はそちらのほうが楽しめました。
MMORPGが好きな方は特に2巻のほうがおすすめです。

comment

Secret

Google Ad
検索
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
!-- google_ad_section_end -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。