スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー3 感想

だいぶ前にプレイし終わっていたけど今更感想を。





■良かったところ
・登場キャラ数が80人以上
・全員しゃべるので声優が超豪華
・格闘と大剣のバランスがよくなった

■悪かったところ
・ストーリーが前作とほとんど一緒
・ドラマティックな展開があるわけでもなく、各作品の好きなキャラ同士でパーティが組めるだけのファンディスクといった感じ
・装備がカッコ悪い。モンハンといい、前作からかなり劣化している
・カノンノが怖い
・ガンマンが強すぎてバランス崩壊


L好きの自分としてはミミーとノーマが出てくれたのは嬉しかったけどノーマのキャラが結構変わっていた気がした。
原作だと一見バカっぽいけど裏では人一倍努力をしていたり、空気を読んで場を和ませたりと実は気の利く素直で努力家だったのが、今作ではただのお金大好きなアホな子になっていた。

シャーリィはキャラというより声がだいぶ違っていた気がした。
ミミーは相変わらずでよかった。

後は仕方ないとはいえ、色々キャラ設定が変わっていて、アッシュがルークの弟だったりアスベルがフレンの部下だったりして変に違和感があった。
あとこちらも仕方ないことだけど、キャラが多すぎるので各キャラごとの掘り下げが全然なくて全体的に空気キャラになっていた。ストーリー上で仲間になるキャラはそれなりに絡みがあるけど、クエストなどで任意で仲間になるキャラは本当に空気だった。

カノンノは、声は特に気にならなかったけどセリフが宗教的というかメンヘラぽいというか色々怖かった。
なんであんなキャラにしたのか・・勝ちセリフも「生きるの!」とか唐突すぎて距離をとりたくなるようなキャラになってた。

戦闘は前作で弱すぎた格闘と強すぎた大剣が調整され、バランスは改善されたけど、今度はガンマンがあまりに強すぎてバランス崩壊していた。
スキルを使うとあっという間にゲージが溜まるので一方的に攻撃できてしまう。
ボス戦などで詰まったらガンマンにすればゴリ押しでどうにでもなってしまう。

あと装備は本当にもうちょっとなんとかならなかったのかと・・前作から相当に劣化してしまっていた。
せっかく装備で見た目が変わるのに、かっこ悪すぎて集める気がしなかった。

そういうわけで、前作はカンストまでレベル上げとか装備集めを楽しんだけど今作はクリア後に隠しダンジョンをちょっとプレイしただけで終わってしまった。

comment

Secret

Google Ad
検索
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
!-- google_ad_section_end -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。